ドッグラン・オン・ザ・ウェブユーザ登録をすると、当サイトに書込ができます。ワンコや飼い主に役立つ情報をシェアしましょう。
>> ユーザ登録

お薦めグッズ

ログイン

ログイン

フェイスブック

フェイスブックでラブラドールや小犬の販売サイトの情報を

QR code

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 1 - 13 / 13 件 (0.0031 秒). 検索条件の修正

1. 佐久インターウェーブ・ドッグラン
長い間大変お世話になり、多くの犬友と知り合う場をご提供頂いた佐久インターウェーブ ドッグランですが、2018年5月、閉鎖となりました。 以下は、一応残しておきます。 小型犬用と大型犬用に分かれている。2018年1月現在、以前小型犬用のエリアにあったアジリティ用の器具はない。 水道は引かれていないが春から秋の間はキャンプなどで使用する大きなタンクに水をいれてご用意くださっている。 ◆利用時間:9:00-17:00(冬季は16:00まで) ◆定休日:メンテナンスのため、金曜日は大抵休み。確報は こちらのサイト で確認できる。 ◆料金:無料 ◆2014年5月に導入された新ルール 1回の最大利用時間は2時間まで。 会員証を首に掛けるなど、見える場所に身に着ける。 ◆場所:VIVAホームやダイソー、AEONグループの食料品スーパー、ザ・ビッグなどが入っている佐久インターウェーブに隣接している。以前ヤギの牧場であった土地を三分割し、ヤギ用の広場の他に小型犬用、大型犬用のドッグランとして解放している。 ◆利用方法:佐久インターウェーブ管理事務所にて事前に申込み、会員になる必要がある。日曜日の9:00~17:00に各種ワクチン接種記録・狂犬病予防接種の証明を持参して申込む。利用時は佐久インターウェーブ管理事務所に電話をして利用の旨を告げる。 佐久インターウェーブ管理事務所 〒385-0009 長野県佐久市小田井613−1 電話:0267-65-8100 右上の写真は雪の日にこのドッグランでお相撲をして遊ぶ三頭のラブラドール・レトリーバー、コタロー、アオイちゃんとサフラン。特にコタローとサフランは体格・年齢ともに似ている事もあってか抜群の相性で、とてもよく遊ぶ。歯をむき出しにしてじゃれ合う姿は犬に不慣れな人が見たら喧嘩しているとしか思えないかもしれないが、本人達は楽しく遊んでいるのでご安心を。 >> 同ドッグランで遊ぶサフランとメイプルの動画

2. 新潟の直江津海岸のキャンプ場
新潟なおえつ海岸にあるキャンプ場を初めて利用した。サイトは海岸から10段ほどの階段を上った場所にあり、海岸にあるといっても差し支えのないロケーション。紫外線カットのタープを建てたので、海水浴には最高だった(犬用ライフジェカットを身につけて泳ぐサフラン)。 直江津海岸キャンプ場の良いところ ・海が目の前なので海水浴に最適。 ・犬連れOK ・海の水が綺麗。見慣れた湘南の海と比べて透明度が格段に高い。 ・海岸に捨てられているゴミも少なく、海、海岸の織りなす景色が美しい。 ・サンセット(日没)を見る事ができる。湘南の海ではあり得ないのでちょっと感動。 ・安い(ひとり400円) ・ゴミ捨て場がある。

3. 青木湖 - ワンちゃん歓迎の大向キャンプ場
長野県大町市に位置する青木湖は、日本でも有数の透明度を誇る綺麗な水を湛えた周囲長約6.5kmの湖だ。大町市といってもピンと来ない方が多いかもしれないが、スキーで有名な白馬に隣接しているといえば分かりやすいかもしれない。 夜明け前の青木湖 - キャンプ場にはボート用の桟橋がある。 青木湖西側湖畔には大向キャンプ場、青木湖キャンプ場、青木荘キャンプ場/テント村が隣接している。青木湖キャンプ場は犬の同伴不可。青木荘キャンプ場/テント村は未調査。 犬連れOKの青木湖“大向キャンプ場” 我が家では9月下旬、犬連れOKの大向キャンプ場を利用した。湖畔に20程度と思われるテント用のサイトが並び、車を近くまで寄せる事ができる。他にバンガロー、トイレ(トイレットペーパーなし)、コインシャワー、ゴミ捨て場、炊事場(水道、かまど)がある。照明が引かれているバンガローには四畳半と六畳があり、こちらも犬連れでの利用を許可している。

4. 佐久市駒場公園は犬の散歩にグー
犬の散歩に適した散歩道が佐久市駒場公園の裏側にある。両側にある美しい並木が霧雨程度ならば防いでくれる。 軽井沢からは車で約20分。

5. カンパーニャ嬬恋キャンプ場
無印良品嬬恋キャンプ場にはドッグラン、サイトの周りを柵で囲み、サイト内をノーリードでワン子と過ごせる区画がある。 ドッグランは施錠されており、受付で予約をして使用する。 オートキャンプの料金は大人2,160円、子ども1,080円。 4区画有るWエリア(ドッグランキャンプサイト)と呼ばれる柵のあるサイトの利用には別途 3,240円必要。 犬連れでキャンプができるのはドッグランキャンプサイトにかぎらず、いくつかの区画が許可されていて、柵は無いが追加料金は不要。

6. プレジデントリゾート軽井沢のドッグラン
北軽井沢にあるスキー場、軽井沢スノーパークにあるドッグラン。 ほぼ通年営業している模様。営業時間は日の出から日没までとあるが、当該ドッグラン入り口には9時からと掲示されている。 特に掲示はないがドッグランはフェンスで区切られた二つのエリアからなっており、事実上大型犬と小型犬を分けて遊ばせることができる。 料金は1頭500円。夏場は管理人はおらず、入り口に設置された料金箱に料金を入れる。 トイレあり。 中軽井沢からは20分(16km)程。 大型テントとテーブルが設置されている。 プレジデントリゾート軽井沢のドッグラン 〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢2032-16

7. 小諸市 - 飯綱山公園ドッグラン
飯綱山公園ドッグランは、長野県動物愛護センター‎ハローアニマルのそばにあります。 国道18号線から小諸高原美術館・白鳥映雪館へと続く斜面の一部を平らにし、平成21年にオープンしたドッグラン。眺望が良いので飼い主の気持ちもリフレッシュされますよ。 ◆利用可能時間:24時間 ◆住所:〒384-0041 長野県小諸市大字菱平前新田 ◆駐車場:あり。‎ハローアニマルの駐車場からも歩いていけます。 ◆水道:あり(冬季は使用不可) ◆小型犬と大型犬の区別:あり。

8. オーナーズヒル軽井沢ドッグラン
OWNERS' HILL(オーナーズヒル軽井沢)の敷地内にドッグランがあります。温泉やレストランのみでも利用できますから、宿泊はしない地元民でも利用する機会はあるかもしれません。 最大の特徴はその斜度。かなりの急斜面にドッグランが設置されています。 OWNERS' HILLのクラブハウスにあるレストランはテラス席があって犬連れもOK。 小高い丘の上にあって遮るものがないOWNERS' HILLレストランのテラス席から見る浅間山は絶景です。 私はランチしか食べた事がありませんが、1,000円くらいから上は2,000円くらいのコースがランチメニュー。値段は安くて味も良く、サフランも一緒にいられ、且つ眺望良しと、また直ぐに行きたくなる大満足のお店です。 また2012年の夏からはワンコと泊まれる「ウィズワンコテージⅤ」なるコテージも開設されています。 (株)オナーズヒル軽井沢 〒389-0114 長野県北佐久郡軽井沢町茂沢472−15 0267-45-0189

9. 佐久インターウェーブドッグラン-パノラマ写真
レギュラーで行く「佐久インターウェーブドッグラン」のパノラマ写真。

10. 軽井沢プリンスホテルのアウトレットにあるドッグラン
軽井沢プリンスホテルのアウトレット(軽井沢プリンス ショッピング プラザ)が実施した2014年夏の増床リニューアルにより新しく出来たドッグランが下の写真。 以前の無料ドッグランに比べて狭くなり、且つ有料になったのは残念。 小型犬と大型犬の区別はない(以前はあった)。 料金は1頭1,000円。2頭目からは1頭あたり500円。時間制限はない。 1年間有効な年間パスポートは10,000円で2頭まで利用できる。3頭目からは1,500円。 隣接する「ドッグデプト+カフェ」のレジにて受付をして利用する。 金額は税別。

11. 軽井沢・プリンスショッピングプラザのドッグラン
軽井沢のアウトレット、プリンス・ショッピングプラザに設置されていた「無料ドッグラン」は、2014年4月6日に閉鎖となりました。下の写真は当時のもの。 同年夏にオープンした新しいドッグランについてはこちらのページをどうぞ。 ◆利用条件(同施設ウェブサイトから引用) ・狂犬病予防及び混合ワクチンを接種していること。(接種後1年以内であること。) ・メスのワンちゃんの場合、シーズン中でないこと。 ・ワンちゃんが病気またはケガの治療中でないこと。 ・ほかのワンちゃん及び人に対し攻撃性がないこと。

12. 小諸宿 - イヌとのお薦め散歩スポット
旧小諸宿やその周辺も好きな散歩スポットだ。交通量は多くないからワンちゃんにも安心だし、江戸、明治に商家や銀行として建設された建物が多く残っていて町全体の佇まいがシックで良い。 例えば明治20年(1880)に創業した老舗醸造店、大塚味噌醤油店や旧本陣問屋、現在でも営業をし、銘酒「浅間嶽」で知られる大塚酒造の建物や、旧小諸城の大手門、懐古園・三門といった歴史的建造物の脇を愛犬と歩くのは気持ちが良い。 写真は小諸宿の端に位置する北国街道沿いの光岳寺。サフランとメイプルの後ろに見える旧小諸城から移築された足柄門を通して、満開の桜が見える。2017年4月16日撮影。

13. 桜の上田城 - 2017年
NHK大河ドラマ「真田丸」の放送が終了したとはいえ、2017年4月、桜に包まれた上田城の人出は大変なものでした。写真は4月15日撮影。城周辺の無料駐車場は9時の段階ですべて満車。 わんこ達は人混みも歩かせているので混雑時も平常通りの振る舞いでした。