ドッグラン・オン・ザ・ウェブユーザ登録をすると、当サイトに書込ができます。ワンコや飼い主に役立つ情報をシェアしましょう。
>> ユーザ登録

お薦めグッズ

ログイン

ログイン

フェイスブック

フェイスブックでラブラドールや小犬の販売サイトの情報を

QR code

犬の食事のカロリー自動計算

一日に必要な犬のご飯のカロリーを自動的に計算します。「犬の種類」を選び、半角で体重を入力するだけです。「カロリー計算)1日分)」というボタンをクリックして下さい。

犬の種類

 kg / 体重 (半角で入力)

 

 kcal / 成犬(一般に生後10-12ヶ月。ただし大型犬は18-24ヶ月程度が成長期)・妊娠初期(4週目まで)

 kcal / 幼犬(4ヶ月以下)・妊娠後期(7週間から出産)

 kcal / 子犬(5-9ヶ月以下)・妊娠中期(5-6週間)

 kcal / 授乳期の母犬

 kcal / 去勢・避妊している場合

 kcal / 7歳以上、肥満犬の場合

以下は手作り食の参考に。サフランの主食、皮付きの鶏胸肉(220kcal/100gで計算)を一日に食べさせる量をグラム数で算出しています。タンパク源の必要量を総カロリーの30%で計算。2回食なら一度に与えるのは半分の量です。牛挽肉や豚肉もおおむね同じカロリーですからご参考にどうぞ。

 g / 成犬(10ヶ月以上)・妊娠初期(4週目まで)

 g / 幼犬(4ヶ月以下)・妊娠後期(7週間から出産)

 g / 子犬(5-9ヶ月以下)・妊娠中期(5-6週間)

 g / 授乳期の母犬

 g / 去勢・避妊している場合

 g / 7歳以上、肥満犬の場合

一日二食ならば、上記を2で割った値が適切な食事の量です。あくまでも目安です。こちらも合わせてご参照下さい。

カロリー計算式の説明

犬が必要なカロリー計算

こちらのページで提供している一日に必要な犬のカロリーの自動カ計算式は、次の式で計算しています。

(30 x 体重 + 70) x 係数

犬の種類により以下の係数を適用

2-20kg = 1.8
21-34kg = 1.7
35-44kg = 1.6
45kg以上 = 1.5

ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ        

カロリー計算の補足

犬が必要なカロリー計算

ドッグラン・オン・ザ・ウェブで提供している1日に必要な犬のカロリー・エネルギー量の自動計算機能で算出した食事に必要なカロリー数は目安です。実際に必要なエネルギー量は運動量によって大きく変化しますし、個体差もあります。糞の状態や食後の犬の様子、犬の痩せ方(太り方)を観察して決定して下さい。

また成長期が終わり成犬と見なせるのは小型犬の場合は一般に生後10-12ヶ月ですが、中型犬は18ヶ月、大型犬は18-24ヶ月程度となります。

糞の状態

フンの状態は食べ物や体調によって変化しますが、一般に固めの場合は食事が少な過ぎ、軟らかめの場合は多過ぎという可能性を示しています。

運動量

運動量によって必要とされるエネルギーは大きく変化します。参考までに記せば、使役犬の場合通常の2~4倍程度のエネルギーを必要とします。

 

犬の様子

食後はしばらく餌皿をなめたりしているでしょうが、適量を食べていれば少しすると落ち着くはずです。いつまでもソワソワと食べたりない様子を示していれば、量が足りない事が考えられます。

 

犬の痩せ方・太り方の判断

脇腹、あばら骨の当たりをさわり、あばら骨と皮の間に少し脂肪を感じる程度が適切な状態です。

ポチッとお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ